顔汗 急に

急に顔汗が酷くなった!?それは病気のサインかもしれません!!

「今までは顔汗なんて気にならなかったのに、最近顔汗が酷いのは何故・・・?」こんなお悩みをかかえていませんか?急に顔から多量の汗が出てくると、何かの病気を疑ってしまいますよね。

 

そこで今回は、急に顔汗が酷くなった原因と考えられる病気をご紹介していきます。放っておくと顔汗よりも辛い症状が表れる可能性がありますので、しっかり知っていきましょう。

 

多量の顔汗をかく原因は?これって病気なの??

発汗には「温熱性発汗」「味覚性発汗」「精神性発汗」の3種類があります。温熱性発汗は、体温が上がると体が熱を逃がそうとして出す汗の事です。味覚性発汗は、熱い物や辛い物を食べた時に出る汗です。

 

そして精神性発汗は、緊張や興奮を感じた際に出る汗です。こういった際に出る汗とは違い、異様な程汗をかく場合「顔面多汗症」の可能性があります。顔面多汗症のはっきりとした原因は解明されていませんが、交感神経と大きく関係していると考えられています。

 

通常、交感神経と副交感神経は交互に働く事で、私たちの生命活動を維持しています。しかし、このバランスが崩れ交感神経が優位になる事で、発汗が促進され多量の顔汗をかいてしまうのです。

 

顔面多汗症の原因とされる自律神経を整えるには、生活習慣の改善が必要です。規則正しい生活・食生活の改善・適度な運動等を心掛けましょうね。

 

顔汗だけでなく全身にも多量の汗をかく?注意すべき病気とは??

*甲状腺機能亢進症・・・新陳代謝を活性化させる甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病気です。代謝が高まる為、多量の汗が出てしまうのです。発汗の他に動悸・息切れ・イライラ感等の症状がありましたら、一度病院を受診しましょう。

 

*自律神経失調症・・・発汗は自律神経がコントロールしています。この自律神経のバランスが崩れる事で多量の汗をかいてしまうのです。自律神経失調症は体の至る所に不調を招きますので、早めの改善を心掛けましょう。

 

*血液の病気&結核・・・寝ている時に多量の汗をかく場合、血液の病気や結核の疑いがあります。布団まで濡れてしまう程の汗をかく・汗からアンモニア臭がする等の症状がありましたら要注意です。すぐに病院を受診しましょう。

 

顔汗の原因を知り早めに対処していこう!

今回は、急に顔汗が酷くなってしまった原因や注意すべき病気についてご紹介してきましたがご参考になりましたか?「最近顔汗が酷いな・・・」と気付いた際は、病院を受診する事をオススメします。怖い病気が潜んでいるなら、早めの治療が必要ですよ。

 

ご自身の体の声に耳を傾け、顔汗の原因について今一度考えてみましょう!