顔汗 お風呂

顔汗はお風呂で改善できる!?顔汗の原因とお風呂の効果とは??

顔に多量の汗をかく・・・。お化粧をする女性には、大きな悩みですよね?実は顔汗は、汗を分泌する「汗腺」が弱っている為に起こるのです。

 

この汗腺の弱化は、お風呂で改善できるのです!そこで今回は、酷い顔汗の原因やお風呂が顔汗の改善に繋がる理由をご紹介していきます。お風呂以外の顔汗の改善法もご一緒にご紹介していますので、ぜひご参考にして下さい。

 

顔にばかり汗をかくのは何故?顔汗の原因をご紹介!

人体は体温が上がると、汗を分泌して体温調節を行っています。しかし運動不足や冷房により、体の体温が上がらない生活が続くと汗の分泌が減少します。又、体温が上がらない事で心臓から離れている下半身や腕は冷えやすくなります。

 

すると冷えた部位の汗腺が機能低下を起こし、汗の分泌を休んでしまいます。体の汗腺が休止状態になると、体温調節の為に分泌する汗は顔に集中してしまいます。これが顔にだけ汗をかく理由なのです。

 

よって顔汗を緩和させるには、休止状態にある体の汗腺機能を正常に戻せば良いのです。

 

顔汗の改善にはお風呂や運動が効果的なのです!

*シャワーで済ますのではなく湯船につかる*

 

上記でもご説明しましたが、体が冷えて汗をかく機会が減る為に体の汗腺機能が低下し、顔にばかり汗をかきます。よって十分に体を温めて、体全体から汗を分泌させる事で、顔に汗が集中してしまうのを避ける事ができます。

 

そこでお風呂の登場です。湯船にゆっくり浸かり、全身を温めて多くの汗を分泌させる事で、体の汗腺機能を高める事ができます。シャワーで済ますのではなく、湯船に浸かる習慣を付けましょう。

 

*適度な運動を行う*

 

「顔汗をかくから運動したくない」ではなく「運動しないから顔汗をかく」のです。適度な運動を取り入れ、体を内側から温めましょう。ジョギングやウォーキング等の有酸素運動がオススメですよ。

 

*冷たい飲み物を避ける*

 

冷たい飲み物・食べ物は、体を内側から冷やしてしまいます。よって極力温かい飲み物を摂取する様に心掛けましょう。体が温まり血行が良くなると、汗腺が活動しやすい環境を作る事ができます。

 

お風呂で汗腺を鍛え顔汗を改善していこう!

今回は、顔汗の原因とお風呂での改善法をご紹介してきましたがご参考になりましたか?顔汗は汗腺の活発化によるものと思われがちですが、実は汗腺が弱っている為に起こるという事をお分かり頂けたと思います。

 

よって顔汗の改善には、全身の汗腺を鍛える必要があるという事を忘れないで下さいね。入浴習慣や適度な運動を取り入れ、顔汗を改善していきましょう!